3月2013

離婚における健康保険のお話②〜「健康保険の被保険者と被扶養者」

行政書士 離婚

前回の続きです。

今回でも、健康保険の話しをしますが、まずは、用語の使い方を決めたいと思います。今回からは、特に断りがない場合、市町村で手続を行う健康保険のことを「国民健康保険」と表示し、それ以外の健康保険のことを単に「健康保険」と表示致します。

 

 

それでは、ミースケ君と、ウサ吉行政書士の話しに耳を傾けてみましょう!

ミースケ:「健康保険などの説明って難しいよね?よく被保険者や被扶養者とかいうけど、あれは一体どういう意味なの?」

 

ウサ吉行政書士:「前回、ミースケさんから『被保険者って、健康保険証をもらえる人のことでしょ?』という質問がありました。話しを理解しやすくするために、まずは、そのように考えていただいて結構です」「それでは、最初に、国民健康保険についてご説明しますね!」国民健康保険では市町村に住所を有する人を、被保険者と言います。従って、夫も、妻も子供もそれぞれの人が被保険者となります」

 

ミースケ:「国民健康保険の保険料を支払う義務のある人は世帯主となってるよね、どうして?」

 

ウサ吉行政書士:「私も結婚して、妻とともに国民健康保険に入っていますが、健康保険の納付義務は世帯主である私にあります。これは、どうしてかと例をあげていいますと、国民健康保険の被保険者には、子供が含まれます。でも、子供に、法律上の義務を直接に課してしまうのはとても酷ですよね。そこで、法律はしっかりした大人が手続を行うべきであるということで、世帯主にいろんな義務を課しているのです!」

 

ミースケ:「なるほど!だから、国民健康保険の保険料の請求書は世帯主の人のところに来るようになっているんだね?」

 

ウサ吉行政書士「そういうことです!お金のことに限らず、例えば、子供が生まれたときに新たに国民健康保険に加入して保険証をもらう手続も世帯主が行うことになります」

 

ミースケ:「国民健康保険以外の健康保険についてはどうなっているの?」

 

ウサ吉行政書士:「例えば、会社に勤める人の場合(仮にお父さんとします)を考えてみます。健康保険法では、会社に雇われているお父さんを『被保険者』としています。そして、その奥さんや子供さんを『被扶養者』としています。奥さんや子供さんに関する各種の届出は事業主を通じて、『被保険者』であるお父さんが行うことになっています」

 

ミースケ:「なるほど、結局は稼ぎ頭にいろんな届けの義務がある訳なんだね〜」

 

ウサ吉行政書士:「そう思っていただいて、結構です!お父さんであれ、お母さんであれ、どこのお宅でも、稼ぎ頭は大変なようですね〜、あまり、難しくなっても大変ですので、今回はここまでに致します」

 

 

黒田行政書士法務事務所では、離婚協議書、婚姻契約書の作成に関連する、結婚や離婚など家族にまつわる様々なご相談を、承っております。

兵庫県西宮市を中心として、阪神間、関西一円でのご相談を承ります。

電話やメールでのご相談なら全国対応が可能です。

行政書士の業務を通じて、みなさまが幸福になることのお手伝いができればと思っております。

今回もお読み下さりありがとうございました。

 

離婚における健康保険のお話〜「健康保険って何?」

行政書士 離婚

今回からは、ブログの書き方を少々変えます。

黒猫のミースケ君とウサ吉行政書士の対話方式でブログの内容を記載していきますね!

では、さっそく参りましょう。

ミースケ:「離婚のときに気になるのが健康保険についてなんだけど・・・健康保険ってどんな制度なの?」

 

ウサ吉行政書士:「一般的に『健康保険』というと、『国民健康保険』とか、民間企業で働く人が加入している『健康保険』、国家公務員・地方公務員などの『共済組合法に基づく医療保険』全体のことを言います」

 

ミースケ:「いろんな保険がありそうね?」

 

ウサ吉行政書士:「はい!まずは、『皆保険』についてご説明しますね!」

 「『皆保険』とは要するに、国民全体がいずれかの『健康保険』の『被保険者』であることをいいます」

 「わが国の『国民健康保険』は、市町村の区域内に住んでいる人を、その市町村の国民健康保険の被保険者と定めています、そして、会社に勤めている人(『健康保険』の加入者)や、他の医療保険に入っている人(『共済保険』などの加入者)を『国民健康保険』から抜くという形で全国民の『皆保険』を実現しています」

 

 ミースケ:「被保険者って要するに健康保険証をもらえる人こと?」

 

 ウサ吉行政書士:「そう考えてもらってけっこうです!一気にお話すると難しいので、今回はここまでにして、次回は『国民健康保険』と会社に勤めている人の『健康保険』の被保険者や『被扶養者』について簡単に解説していきますね!」

 


参考:健康保険の種類

①国民健康保険

他の医療保険制度に加入していない者を対象にする、いわゆる自営業者の健康保険のことです。市区町村役場で事務を取扱います。

②健康保険

民間企業で働く一般労働者を対象とする医療保険のことです。社会保険事務所で事務を取扱います。

③船員保険法の規定よる被保険者を対象とする医療保険

④国家公務員共済組合法に基づく組合員を対象とする医療保険

⑤地方公務員等共済組合法に基づく組合員を対象とする医療保険

⑥私立学校教職員共済組合法に基づく組合員を対象とする医療保険

 

黒田行政書士法務事務所では、離婚協議書、婚姻契約書の作成に関連する、結婚や離婚など家族にまつわる様々なご相談を、承っております。

兵庫県西宮市を中心として、阪神間、関西一円でのご相談を承ります。

電話やメールでのご相談なら全国対応が可能です。

行政書士の業務を通じて、みなさまが幸福になることのお手伝いができればと思っております。

今回もお読み下さりありがとうございました。

西宮市の六湛寺公園でNPOフェスティバルが開催されます!

業務日誌

2013年の3月23日に西宮市に六湛寺公園でNPOフェスティバルが開催されます。

私が所属しているNPO法人遺言・相続支援センターも参加します!

お時間がおありの方は、当日に西宮市役所前の六湛寺公園までお越し下さい!

西宮市観光キャラクターみやたんも来る予定です!

チラシを掲載しておきますね〜!