離婚における税金のおはなし

行政書士 離婚

今回は離婚時における税金のお話です。

実に悩ましい問題です。

それでは、今回も、ミースケ君とウサ吉行政書士の話を聞いてみましょう。

 

ミースケ:離婚で財産分与の話しをするときに、税金のことが問題になると聞いたことがあるんだけど、税金についてはどうなってるの?

 

ウサ吉行政書士:それは税理士さんに聞いて下さい!

 

ミースケ:そりゃ、そうだよね・・・でも、それじゃあ、ここで話しをする意味がないじゃん!

 

ウサ吉行政書士:ですよね・・・税金の話は、税理士さんか税務署で確認してもらわないといけない話なんですが、とりあえず、ここでは、一般論としてお話させていただきます。

慰謝料、養育費、財産分のいずれの場合についても、金銭の給付については、原則として、税金はかかりません

 

ミースケ:それなら、安心だね!

 

ウサ吉行政書士:ええ!安心です。

ただし・・・税金逃れのために、離婚を使うようなずるい行動をとると、税金がかせられてしまいます。

例えば、離婚による財産分与をして、いったん、奥さんに非課税になるように財産分与をしておいてから、日をおかずに再婚した場合などは、税金がかかることになるでしょう。

 

ミースケ:それはそうだよね・・・

 

ウサ吉行政書士:あと、離婚において、税金が問題となるのは、不動産等の資産を財産分与する場合です。

不動産等の資産につき財産分与をしたときは、譲渡所得課税の対象とされ、不動産等を渡した人に、譲渡所得が生じれば、課税されます。

このお話はケースによって違いますので、このブログでお話するのは非常に難しいので、実際のところは専門家にご相談下さい。

 

ミースケ:税金の問題が絡む場合、行政書士はどうやって離婚協議書の作るの?

 

ウサ吉行政書士:税理士さんと協力して、税金の問題をクリアしてから、離婚協議書を作成します。

 

ミースケ:行政書士が何でもできる訳ではないんだね。

 

ウサ吉行政書士:そのとおりです。

我々、士業もお互い協力し合って、生きているのです。

 

ミースケ:夫婦もずっと協力しあうことができれば、離婚しなくて済むのにね〜

 

ウサ吉行政書士:まっ、それは、それぞれ事情がありますからね・・・

別に恥じることはありません!

離婚協議書の作成などでお悩みの方はいつでもご相談をお請け致しますよ!

 

黒田行政書士法務事務所では、離婚協議書、婚姻契約書の作成に関連する、結婚や離婚など家族にまつわる様々なご相談を、承っております。

兵庫県西宮市を中心として、阪神間、関西一円でのご相談を承ります。

電話やメールでのご相談なら全国対応が可能です。

行政書士の業務を通じて、みなさまが幸福になることのお手伝いができればと思っております。

今回もお読み下さりありがとうございました。

« »