医(治)は仁術なり〜自賠責保険の不正請求について

交通事故 行政書士

本日の朝日新聞に『整骨院の自賠責請求急増 甘い審査、不正も横行』という記事がありました。

その記事を読んでひとこと申し上げたいと思います。

記事の中では逮捕された整骨院の先生もいるようですね。

整骨院の中には、交通事故に遭遇した被害者さんを毎日に自分のところへ通わせているところもあります。

治療効果が、確実に上がっていると認められるのであれば、それも良いのでしょうが・・・

中には、自由診療だと保険診療よりもお金が引っ張れるから、患者を毎日通わせている方もいらっしゃるとか・・・

これいけません!

自賠責でお金が引っ張れるといっても上限は120万円までです。

こんな請求をしていると・・・

120万円なんてあっと言う間になくなってしまいます。

この120万円の範囲に含まれるのは治療費のみでなく・・・

休業損害も、入通院慰謝料も含まれているのです。

例えば、過剰な治療費で120万円を使ってしまったら・・・

被害者さんは、自賠責保険で休業損害を補償してもらえなくなることもあります。

毎日、患者さんを治療に通わせている柔道整復師の先生は、患者さんの状態が良くなっていく過程をどのように立証するのでしょうか?

現状では、治療がうまく行っているかいないかは柔道整復師の先生では、科学的に・客観的に立証することはできません。

医師の先生の検査が必要です。

故に、医師の先生と柔道整復師の先生との連携が必要なのです。

それなのに・・・

むやみやたらと、柔道整復師の先生が患者さんを通院させてしまったら・・・

保険屋さんに目をつけられます。

こうなると、保険屋さんは、強行手段に出る事も考えられます。

まずは、治療費の打ち切り。

次に債務不存在確認の訴訟が患者さんに対して提起されるでしょう。

繰り返しますが、訴訟は患者さんに対して提起されます。

保険屋さんに「被告」として訴えられた患者さんの気持ちは、どれだけ不安になることでしょうか・・・

挙句の果てに、詐欺で告訴までされたら・・・

実際に、新聞の記事では、柔道整復師の先生と患者さんも共犯者として逮捕されています。

患者さん(被害者救済のはずが)、結局は患者さんを犯罪者にしてしまったということになると目もあてられません。

医(治)は仁術というではないですか?

世間一般にはこういう信頼があるからこそ、医師の先生も柔道整復師の先生も尊敬を集めているのではないでしょうか?

ほとんどの先生は真面目にされていると思います。

が、一部の不正のために、全体が悪く言われてしまうこともあります。

そうならないためにも、今一度、治療家の先生も我々法律家も自賠責保険の請求のあり方について考えるべきではないかと改めて思った次第です。

一筆啓上させていただきました。

長くなりましたが、お読みいただきありがとうございました。

 

« »