平成25年度 西宮市権利擁護支援者養成研修終了!

日記

昨日にて、西宮市の権利擁護支援者養成研修が終了しました。

11月から月2回、朝から夕方までの研修でした。

とても勉強になる研修でした。

権利擁護とは何かを理解するために、研修内容は成年後見、障害者の自立支援、認知症、高齢者・障害者への虐待、貧困問題、生活保護などなど多岐にわたりました。

本当に勉強になりました。

いろんな方と知り合いになれたのも、また良い機会でした。

平成26年度も「予算がついたら」行われるそうです。

つくと信じていますとも!

西宮百年の計ということで、ぜひともこれからもこの研修は続けて行ってほしいです。

私の思想を少し、入れますと・・・

権利擁護支援は地域共同体を復活させる起爆剤になるのではないかと思っています。

地方自治体である西宮市、西宮市民、福祉専門職、法律専門職が力を併せて、支援を必要としている人々を手助けできれば、共同体の復活は近いのではないでしょうか?

なんて、個人的には思いました。

小さいながらも、修了証書をちょうだいしました。

これがけっこうお気に入りです!

ここで得た知識、人のつながりを大切にしたいと思います。

研修に参加できたことに感謝です!

ありがとうございました!

 

« »