信託の基本要素

民事信託 行政書士

信託の基本要素ってなんですか?

信託の基本要素は①信託行為 ②信託目的 ③信託財産の3つです。

信託行為とは何ですか?

信託行為とは、信託をするときのとりきめのことです。

とりきめの方法は ①信託契約 ②遺言 ③自己信託 の3つがあります(信託法3条)。

信託目的

信託目的とは、信託の基本的な内容であり、信託契約に詳細に規定します。

想定外の事態が生じた場合、受託者は信託目的の趣旨に従った対応が求められます。と言っても、脱法信託、訴訟信託、詐害信託は当然に規制されます。

信託財産

信託財産とは、委託者から受託者に移転された財産のことです。

委託者の名義ではなく、受託者の名義になります。

動産・不動産・債権・知的財産権・特許を受ける権利などを含みます。

基本的には債務を信託することはできません。

信託設定後、信託財産に対する権利は受託者に帰属します。

委託者は信託財産に対する直接の権利を有しません。

黒田行政書士法務事務所
TEL:0798ー64ー7615
お問い合わせフォームはこちらです。

« »