予想される交通事故外傷による後遺障害(整形外科領域)

交通事故 行政書士

1 頸部

環椎骨折、環軸関節脱臼、軸椎骨折(歯突起骨折、hangman骨折)、頸椎の過屈曲・過伸展による骨折、頸椎の屈曲・回旋による骨折、頸髄損傷

2 上肢外傷

鎖骨骨折、肩鎖関節脱臼、肩関節脱臼、肩甲骨骨折、肩腱板損傷、上腕骨の外傷(上腕骨骨折・骨頭下骨折、上腕骨骨幹部骨折、上腕骨顆上骨折、内顆骨折・外顆骨折)、肘関節から前腕骨の骨折(尺骨中枢部の骨折、橈骨頭骨折、橈骨・尺骨骨幹部骨折、橈骨遠位端骨折)、手関節・手根から指尖への外傷(舟状骨骨折、月上骨周囲脱臼、中手骨骨折、指骨骨折、三角繊維軟骨複合体=TFCC損傷、肘関節から遠位手先までの筋損傷・腱損傷)、抹消神経損傷、腕神経叢損傷

3 胸腰椎外傷

脊髄損傷を伴わない胸腰椎損傷(圧迫・粉砕・破裂骨折)、胸腰部脊髄損傷

4 骨盤外傷

仙骨骨折・尾骨骨折、骨盤骨折(剥離骨折=大腿直近・縫工筋・膝屈筋群付着部、剥離骨折以外の骨盤骨折)、寛骨脱臼骨折、股関節脱臼・脱臼骨折

5 大腿骨外傷

頸部骨折・骨董下骨折、転子部骨折、骨幹部骨折・転子化骨折、顆部骨折、小児の骨折

6 膝蓋骨外傷

膝蓋骨脱臼、膝蓋骨骨折

7 膝の軟部組織の損傷

靭帯損傷、半月板損傷

8 下腿骨外傷

脛骨高原骨折、脛骨骨幹部骨折

9 足部外傷

足関節果部骨折、Pilon骨折(脛骨天蓋骨折、plafond骨折)、靱帯損傷(捻挫・脱臼)、距骨骨折、踵骨骨折、その他の足部の外傷(立法骨・楔状骨外傷、舟状骨骨折)、中足骨骨折、足趾骨骨折、アキレス腱断裂

 

参考文献:宮尾益和著 『弁護士・実務者のための後遺障害教本~整形外科領域』(株式会社アジャスト)

 

黒田行政書士法務事務所では、交通事故に関する手続のお手伝をさせていただきます。

「後遺障害の認定」「非該当」「治療の打ち切り」「症状固定」「異議申立」などのむずかしい言葉の説明からさせていただきます。

一緒に、交通事故被害からの回復を目指しましょう!

兵庫県西宮市を中心として、阪神間、関西一円でのご相談を承ります。

電話やメールでのご相談なら、全国対応が可能です。

行政書士の職務を通じて、みなさまが幸福になれることのお手伝いをできればと思っております。

今回も、お読みくださり、ありがとうございました!

黒田行政書士法務事務所
TEL:0798ー64ー7615
お問い合わせフォームはこちらです。

« »