相続人の資格が重なる場合はどうなるの?(孫を養子にした場合)

相続・遺言 行政書士

ミースケ:今回は相続人の地位が重なる場合についてのお話?

ウサ吉行政書士:そうです。

まずは、下の図をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

おじいさんAが、孫Eさんを養子にしました。

その後、Aさんの息子さんであるCさんが亡くなりました。

この場合に、Aさんが亡くなったときに、Eさんの相続分はどうなるのかというのが今回のお話です。

ミースケ:これが何か問題になるの?(;^_^A アセアセ・・・

ウサ吉行政書士:なります。

このとき、Eさんは孫として相続できるのか、それとも、養子として相続できるのか?

はたまた、孫としても養子としても相続できるのかということが問題になります。

言い換えると、Eさんの相続資格が重なる場合にどのように考えるのかが今回のテーマです。

ミースケ:なんか、難しそうだね(;^_^A アセアセ・・・

Bさんからしたら、Eさんは両方の地位でもらえるなんてずるいって思っちゃいそうだけど(;^_^A アセアセ・・・

わざわざ、テーマにするということは・・・

これが案外とずるくないとか・・・(;^_^A アセアセ・・・

ウサ吉行政書士:最近するどいですね(;^_^A アセアセ・・・

そうです「ずるくない」というのが結論です。

この場合、EさんはCさんの代襲相続人としても、Aさんの養子としても、相続分を取得することになります。

ミースケ:ここまで考えたことがなかった(;^_^A アセアセ・・・

ウサ吉行政書士:正直、私も最近までは、忘れてました(;^_^A アセアセ・・・

急に思い出したので、ブログのエントリーにしてみました。


行政書士あおぞら法務事務所では、遺言書の作成・遺産分割協議書の作成・任意後見契約書の作成のお手伝いや遺言・相続等にまつわる様々なご相談を承っております。

兵庫県西宮市を中心として、阪神間、関西一円でのご相談を承ります。

電話やメールでのご相談なら、全国対応が可能です。

「3名以上のグループの方」には、「出張!遺言の書き方教室」を開催いたします(無料)。

行政書士の職務を通じて、みなさまが幸福になれることのお手伝いをできればと思っております。

今回もお読みくださり、ありがとうございました!

あなたの暮らしを法務でサポート
行政書士あおぞら法務事務所
行政書士 黒 田 信 夫
TEL:0798ー39ー8385
お問い合わせフォームはこちらです。

« »