検査についての知識も学んでみる

業務日誌

私の行う行政書士業務の中には、自動車事故による後遺障害認定手続の支援というものがあります。

これは自賠責保険の請求の手続の中において行われます。

交通事故の被害者の方々や弁護士の先生方と一緒に、後遺障害に関する立証資料を集めるお仕事になります。

交通事故のご相談の中で多いのはやはり「むち打ち」についてのご相談がほとんどです。

「むち打ち」につきまいては、本当に立証しにくいもが多いです。

立証していくためにはお医者様やリハの先生方に検査をお願いし、それを書面に落とし込む作業が必要になります。

そのような作業をするためには、行政書士もある程度、検査についての知識を持っておくことが必要になります。

という訳で購入したのがこの本です。

『神経伝導検査と筋電図を学ぶ人のために』(医学書院)

一発で理解はできないでしょうが、ボチボチやっていきます。

立証せざるものは後遺障害にあらず・・・

厳しい現実です。

この現実に立ち向かうために、行政書士は被害者の方と弁護士の先生と一緒に頑張っております。

士業である限り・・・

勉強は続くのであります(;^_^A アセアセ・・・

あなたの暮らしを法務でサポート!
西宮市役所すぐ近く!
行政書士あおぞら法務事務所
特定行政書士 黒 田 信 夫
TEL:0798ー39ー8385
お問い合わせフォームはこちらです。

«