外国人技能実習生法的支援マニュアル

業務日誌

技能実習制度の負の側面にフォーカスした本です。

技能実習制度の負の側面といえば一言で表すと「奴隷労働」です。

本書は奴隷労働に強いられた技能実習生達を支援してきた「外国人技能実習生問題弁護士連絡会」の著作です。

また、技能実習生制度を悪用してきた者たちとの戦いの記録でもあります。

個人的には技能実習制度は負の側面ばかりではなく、良い面もあると思っております。

技能実習制度を通じて母国で成功されてる方々がおられるのも事実です。

しかし、現実に技能実習生の方々が奴隷労働を強いられているという事実も存在します。

これは過去の話ではありません。

現在の話です。

このような現実があるということは、過去にもこういうことがあったのだな、と思われても仕方ありません。

これは我が国の恥部です。

日本人が自らの手で反日的外国人を作り出している現実がここにあります。

奴隷労働という酷い目に遭わされた人が反日的になるのも無理はないと考えます。

私は弁護士ではないので、技能実習生のために戦うということはできません。

しかし、入管業務を行う行政書士として困った技能実習生の方々を戦う弁護士につなぐことはできます。

行政書士として入管手続に関する知識の自らの研鑽を怠らず、また、弁護士の先生方とのネットワークを大切にしようと改めて思いました。

とても勉強になりました。

あなたの暮らしを法務でサポート!
西宮市役所すぐ近く!
行政書士あおぞら法務事務所
特定行政書士 黒 田 信 夫
TEL:0798ー39ー8385
お問い合わせフォームはこちらです。

« »