行政書士会のお仕事(交通専門部会)

業務日誌

昨日は兵庫県行政書士会・交通専門部会の研修がありました。

「交通事故事案における行政書士と弁護士の連携」をテーマに弁護士の鈴木尉久先生にお話しをしていただきました。

行政書士が弁護士の先生と連携するために知っておくべき、裁判の知識、裁判における後遺障害の評価などなどお話は多岐にわたりました。

交通専門部会では、毎年1月は鈴木先生に講義をお願いしています。

私は、交通専門部会の委員になる前から現在まで鈴木先生の講義を7回受けましたが、毎年、毎年、発見があります。

ある程度の専門性を身に着けてからこそ気づくものがあるのだなと改めて感じました。

また、鈴木先生は「困った人を助けるのは士業の義務です」と明確に仰いました。

ともすれば、行政書士はワンランク下の法律家として認識され、軽く見られがちですが、そのような風潮に負けず、街の法律家として頑張っていきたいと改めて思いました。

あなたの暮らしを法務でサポート!
西宮市役所すぐ近く!
行政書士あおぞら法務事務所
特定行政書士 黒 田 信 夫
TEL:0798ー39ー8385
お問い合わせフォームはこちらです。

« »