婚姻ビザ、こんな時には専門家に相談した方が良いかもしれません

入管(VISA) 行政書士

ミースケ:今日のは宣伝がかった題名だね(;^_^A アセアセ・・・

ウサ吉行政書士:そうですね(;^_^A アセアセ・・・

ちょいと宣伝めいてますが、下記のような案件にてついては、専門家の力を借りた方が良いかもしれません。

①年齢差が大きい

②外国人専門の結婚相談所で知り合った

③出会い系サイトで知り合った

④日本人配偶者の収入が低い

⑤日本人配偶者が何度も外国人と結婚・離婚を繰り返している。

⑥出会いが水商売

⑦交際期間が短い

⑧夫婦となる二人の写真がほとんどない

このような場合はやはり専門家に助けてもらった方が良いと思います。

いずれの場合でも、日本人と結婚をする外国人さんが、日本人との間に、両性が永続的な精神的及び肉体的結合を目的として真摯な意思をもって共同生活を営むことを本質とする婚姻という特別な身分関係を有する者ということを立証していく作業を進めていくことになります。

という訳で、今回は以上ですm(__)m

ミースケ:短いね(;^_^A アセアセ・・・

ウサ吉行政書士:はい(;^_^A アセアセ・・・

あなたの暮らしを法務でサポート!
西宮市役所すぐ近く!
行政書士あおぞら法務事務所
特定行政書士 黒 田 信 夫
TEL:0798ー39ー8385
お問い合わせフォームはこちらです。

« »