技術・人文知識・国際業務ー学歴がないと取得は難しいー

入管(VISA) 行政書士

ミースケ:今日は就労ビザの「技術・人文知識・国際業務」について具体的な内容について簡単に教えてよ~

ウサ吉行政書士:簡単にとはなかなか難しいですが(;^_^Aアセアセ・・・

頑張ってみます(;^_^A アセアセ・・・

「技術・人文知識・国際業務」という就労ビザ(在留資格)は基本的に大学や日本の専門学校を卒業した人が取得することができます。

そして「技術・人文知識・国際業務」の資格を取得したい外国人さんは、大学等で学習した内容に関連した一定水準以上のお仕事を日本で行う必要があります。

そうでなければ、「技術・人文知識・国際業務」の就労ビザを取得することはできません。

ミースケ:一定水準以上の仕事?

何でもできる訳じゃないんだね?

ウサ吉行政書士:そのとおりです。

基本的に日本の入管は、外国人さんが単純労働をすることは認めていません。

そこで、外国人さんが日本ので働くためには、ある程度の学歴が必要になり、そして、それに見合ったお仕事をする必要があります。

ミースケ:一定の水準以上の仕事ってどんなものがあるの?

ウサ吉行政書士:そうですね。

普通の日本人の大学生が卒業して就職したがるお仕事をイメージしていただければ良いと思います。

例をあげると、文系では営業、総務、経理、広告宣伝、商品開発、企画、通訳翻訳等があります。

理系では、システムエンジニア、プログラマー、技術開発等があげられます。

こういった仕事以外、例えば、飲食店での接客業務、コンビニやスーパーでの商品の陳列やレジ打ち、清掃、深夜の工場でベルトコンベヤーの前で作業をする仕事等は「技術・人文知識・国際業務」の就労ビザの対象外となってしまいます。

ミースケ:そうなんだね(;^_^Aアセアセ・・・

じゃあ、高校卒業の人は「技術・人文知識・国際業務」の就労資格をもらうことはできないの?

ウサ吉行政書士:そうではありません。

もちろん、例外もあります。

大学や日本の専門学校を卒業していなくても、一定の実務経験を有する人が実務経験に関連したお仕事をすることができます。

職種によってですが、「3年以上または10年以上の実務経験」を立証することで就労ビザが得られる可能性がもあります。

「通訳・翻訳」や「語学の先生」は3年以上の実務経験で認められますが、それ以外の資格は10年以上の実務経験が必要になると考えて下さい。

ミースケ:じゃあ、学歴もそんなに気にしなくても良いんだね?

ウサ吉行政書士:そうではありません。

何故なら、実務経験について立証するにはかなりの困難が伴うことになるからです。

例えば、実務経験を立証しようとすれば、過去の会社からの在職証明書などの書類を集めなければいけません。

これまでの勤め先を円満退社していれば、書類の収集は容易でしょうが、過去に何かトラブルがあって以前の会社から在職証明書をいただけない場合には、実務経験を証明する方法がないということになり、就労ビザを取得できないことも考えらます。

ミースケ:それはそうだね(;^_^Aアセアセ・・・

立つ鳥跡を濁さずが大切なんだね(;^_^Aアセアセ・・・

ウサ吉行政書士:そのとおりです。

「技術・人文知識・国際業務」でとりあえず覚えておいて欲しいことは・・・

①学歴要件は専門学校以上※

②実務要件は3年以上と10年以上

です。

この要件を最初からクリアできなければ「技術・人文知識・国際業務」の就労ビザの取得は絶望的だと考えて下さい。

※専門学校の卒業資格は日本の専門学校の卒業資格(「専門士」「高度専門士」)を取得する必要がありますが、大学の場合は外国の大学の卒業資格でも「(日本の)大学を卒業し又はこれと同等以上の教育を受け」た者に該当すると認められれば、「技術・人文知識・国際業務」の就労ビザを取得できる可能性は十分にあります。

あなたの暮らしを法務でサポート!
西宮市役所すぐ近く!
行政書士あおぞら法務事務所
特定行政書士 黒 田 信 夫
TEL:0798ー39ー8385
お問い合わせフォームはこちらです。

就労ビザってなに?

入管(VISA) 行政書士

ミースケ:就労ビザってなに?

ウサ吉行政書士:就労ビザとは、簡単に言うと、外国人の方が日本で働くために必要な資格のことだと思って下さい。

原則として、就労ビザがなければ、外国人の方は日本で働くことはできません。

就労ビザという言葉は正式な言葉の使い方ではなく、本来なら就労系在留資格と表現するところなんでしょうが(;^_^Aアセアセ・・・

分かりやすく表現するために、就労ビザという言葉を本エントリでは使います。

ミースケ:就労ビザにはどんな種類があるの?

ウサ吉行政書士:就労ビザの代表例は以下のとおりです。

①技術・人文知識・国際業務

②技能

③企業内転勤

④経営管理

⑤特定活動

ミースケ:簡単に内容を説明してよ!

ウサ吉行政書士:それではごく簡単に。

①の「技術・技術人文知識・国際業務」は専門学校や大学等を卒業した人が行うホワイトカラー的なお仕事が行える就労ビザ(在留資格)です。

大学を卒業した人が就職して営業や経理の仕事を行っているとイメージしてください。

②の「技能」は外国の熟練した技能を生かしたお仕事が行える就労ビザ(在留資格)です。

中華料理人・インド料理人・ワインのソムリエなどをイメージしてください。

③の「企業内転勤」は人事異動や転勤で日本に来るような方を対象とした就労ビザ(在留資格)です。

海外にある外国企業の本社から日本の支社に転勤してくる場合、その逆に、海外にある日本企業の支社から日本の本社へ転勤する場合をイメージしてください。

④の「経営・管理」は日本で会社を起業した上で経済活動を行う、または、既に存在する日本の企業内で役員として働くことができる就労ビザ(在留資格)です。

日本の大学を卒業した外国人学生が卒業と同時に会社を立ち上げて経営しているのをイメージしてください。

⑤の「特定活動」は、活動できる範囲が多岐にわたるビザなのですが、就労ビザ(在留資格)として見る場合はインターンシップがこれにあたります。

外国の大学の外国人学生が大学のカリキュラムの一環としてインターンシップとして日本の企業で働いるというのをイメージしてください。

ミースケ:外国人さんが働けるビザって、この5つしかないの?

ウサ吉行政書士:厳密に言うとそうではないのですが、いつものように、まずはこの5つご理解いただきたいと思います。

そして、5つしかと言っても、この5つのビザについては細かな論点がたくさんあります(;^_^Aアセアセ・・・

1回のエントリーではとても説明できませんので、細かい論点等につきましては、後々のエントリーでご説明したいと思っています(;^_^Aアセアセ・・・

あなたの暮らしを法務でサポート!
西宮市役所すぐ近く!
行政書士あおぞら法務事務所
特定行政書士 黒 田 信 夫
TEL:0798ー39ー8385
お問い合わせフォームはこちらです。

奥義!

業務日誌

今日は仕事とは全く関係ない趣味の話です。

かつての私はお酒が好きで「よく」お酒を飲んでいました。

お酒を「よく飲む」とどうなるのかというと・・・

体調が悪くなります(;^_^Aアセアセ・・・

そこで、当時の私は自分の健康に不安を感じ、始めたのが気功です。

気功と言っても本格的に習いに行くというのではなく、本を買ってDVDを見ながらやるというものでありました。

たったそれだけのことでも、私にはとても効果がありました。

そのときに参考にしたのが盛鶴延先生の『気功革命』という本でした。

この本に附属していたDVDに「30分気功」というものがあり、それを毎日やっているとどんどん体調が良くなりました。

一番、気功の凄さを自覚したのは、あるとき站椿法という気功をやっていたのですが、そのときに、不調だった肝臓がブルブルと中で動く様な感覚がありました。

何故だかトイレにいきたくなりました。

トイレに行くと少し色の濃いオシッコが出たのですが・・・

それ以来、体調が良くなりました(^^)v

しばらく気功を続けていたのですが、父の逝去、結婚、行政書士の開業などでバタバタしているうちにいつの間にか、気功をするのを忘れていました(;^_^Aアセアセ・・・

43歳になった今、運動不足のせいか、いろんな数値が少し高めになったりました(;^_^Aアセアセ・・・

そこで、現在、徒歩で通勤をしているのですが・・・

それ以外に何か運動をしなければいけないなー、と思っていたところ・・・

何故か『気功革命』のことを思いだし、再び時間を見て站椿法等を行うようになりました。

先日、なんとなく『気功革命』でググってみたところ・・・

気功革命の新しいシリーズの本が出ているではないですかっ( ̄□ ̄;)!!

しかもDVD付で(^^)v

お題は『気功革命 秘伝奥義 集大成』

秘伝奥義っ( ̄□ ̄;)!!

集大成っ( ̄□ ̄;)!!

買ってしまいました(;^_^Aアセアセ・・・

ということで、また少しずつ気功を始めて行こうと思います。

今回は少しオタクな感じのエントリーとなりました(;^_^Aアセアセ・・・

また、気功の感想も書くかもしれません。

乞う、ご期待?(;^_^Aアセアセ・・・

あなたの暮らしを法務でサポート!
西宮市役所すぐ近く!
行政書士あおぞら法務事務所
特定行政書士 黒 田 信 夫
TEL:0798ー39ー8385
お問い合わせフォームはこちらです。

外国人技能実習生法的支援マニュアル

業務日誌

技能実習制度の負の側面にフォーカスした本です。

技能実習制度の負の側面といえば一言で表すと「奴隷労働」です。

本書は奴隷労働に強いられた技能実習生達を支援してきた「外国人技能実習生問題弁護士連絡会」の著作です。

また、技能実習生制度を悪用してきた者たちとの戦いの記録でもあります。

個人的には技能実習制度は負の側面ばかりではなく、良い面もあると思っております。

技能実習制度を通じて母国で成功されてる方々がおられるのも事実です。

しかし、現実に技能実習生の方々が奴隷労働を強いられているという事実も存在します。

これは過去の話ではありません。

現在の話です。

このような現実があるということは、過去にもこういうことがあったのだな、と思われても仕方ありません。

これは我が国の恥部です。

日本人が自らの手で反日的外国人を作り出している現実がここにあります。

奴隷労働という酷い目に遭わされた人が反日的になるのも無理はないと考えます。

私は弁護士ではないので、技能実習生のために戦うということはできません。

しかし、入管業務を行う行政書士として困った技能実習生の方々を戦う弁護士につなぐことはできます。

行政書士として入管手続に関する知識の自らの研鑽を怠らず、また、弁護士の先生方とのネットワークを大切にしようと改めて思いました。

とても勉強になりました。

あなたの暮らしを法務でサポート!
西宮市役所すぐ近く!
行政書士あおぞら法務事務所
特定行政書士 黒 田 信 夫
TEL:0798ー39ー8385
お問い合わせフォームはこちらです。

「変更」「更新」は法務大臣の羈束行為である?

入管(VISA) 行政書士

ミースケ:表題だけど、これは何を言いたいの?(;^_^Aアセアセ・・・

ウサ吉行政書士:分かりにくいですよね(;^_^Aアセアセ・・・

これはですね、何を言いたいかと言いますと・・・

「変更」「更新」の申請において、入管が、法務省のホームページに掲げてある提出資料を添付した申請書を受けつた場合、必ずその申請を許可しなければならないのか、ということをお話しようと言う試みです(;^_^Aアセアセ・・・

強調しておきますけど「変更」と「更新」の申請においてですよ!

ちなみに、羈束とは簡単にいうと、拘束という意味です。

本エントリーでいうと、法務大臣(入管)は、自分が出せといった書類を申請者が添付して提出しているのだから、その申請書を受理したら、その事実に拘束されて、余計な判断を加えず許可を必ず出さねばならないかという問題です。

ミースケ:で、どうなの?

ウサ吉行政書士:一定の書類を提出すれば必ず許可されるというものではありません(>_<)

ミースケ:なんで?自分が出せという書類を出しているのに許可を出してくれても良さそうなもんだけど・・・

ウサ吉行政書士:これには有名な判決があります。

憲法のお勉強を始めると良く出てくる「マクリーン判決」という判決です。

そこから、在留資格変更許可及び在留期間更新許可は、法務大臣の広範な裁量に委ねられているので羈束行為ではなく一定の書類を提出するれば必ず許可されるというものではないと解釈されています。

ミースケ:そうなんだね(;^_^Aアセアセ・・・

ウサ吉行政書士:そうなんです。

入管手続においては、法務省のホームページなどで案内されている提出資料をそのまま集めて申請しても許可が出ない場合もあります。

そこで、手続を行う人は、個別的事案の特性をよく把握した上で、要件の立証のために、どんな資料が有効なのかを慎重に判断して申請書を提出しなければいけません。

ここが入管手続の難しいところなんです。

ミースケ:なるほど(;^_^Aアセアセ・・・

ウサ吉行政書士:ちなみに・・・

くどいようですけど・・・

これは、「変更」「更新」の話でありまして・・・

「認定」については羈束行為とされていると解されています。

ミースケ:よく分からんようになってきた(;^_^Aアセアセ・・・

ウサ吉行政書士:ですよね(;^_^Aアセアセ・・・

そこで、今回も難しいことは考えずに、まずは以下のことを頭に入れておいて下さい。

「変更」「更新」=「法務大臣の裁量」

「認定」=「羈束行為」

この知識が後々に生きてくることになりますので。

ミースケ:入管関係はとりあえず覚えて下さいが多いね(;^_^Aアセアセ・・・

ウサ吉行政書士:(;^_^Aアセアセ・・・

あなたの暮らしを法務でサポート!
西宮市役所すぐ近く!
行政書士あおぞら法務事務所
特定行政書士 黒 田 信 夫
TEL:0798ー39ー8385
お問い合わせフォームはこちらです。

外国人雇用の実務

業務日誌

休日はだいたい読書にあてています。

今回は入管関係の本を読みました。

『外国人雇用の実務』という本です。

そんな本ばっかり読んでどうすんの?、と言われそうですが(;^_^A アセアセ・・・

私、個人の自営業者なので、情報が偏ったり、考え方が偏ったりするクセがついたら怖いなと考えております。

それを防ぐためには読書が大切だと思っています。

本書からも多くのことを学ぶことができました。

入管手続というよりも外国人材とどう向き合うかが記載された示唆に富む本だと思います。

入管関係のお仕事は、申請の審査にあたり、入管当局に大きな裁量があることから、なかなか業務の内容を定型化できないところにその難しさがあります。

ですので、仕事を仲間を作って情報交換をしたり、業務について記載されてある数少ない文献にあたることが非常に大切だと私は考えています。

行政書士は、資格を取ってからの勉強が欠かせません。

日々是勉強です。

あなたの暮らしを法務でサポート!
西宮市役所すぐ近く!
行政書士あおぞら法務事務所
特定行政書士 黒 田 信 夫
TEL:0798ー39ー8385
お問い合わせフォームはこちらです。

入管手続の勉強会に参加しました。

業務日誌

昨日のお話です。

先輩の先生が急遽、入管の勉強会を開催されるとのことでしたので、仲間の森井さんと一緒に参加してきました。

勉強会の形式は日行連が発行している『申請取次研修会効果測定用設問集』を使用し、その内容を参加者で吟味するというやり方です。

ちなみに、私はこの日行連の問題集はとてもよくできていると思っています。

初めて入管のお仕事をしたときも、実務をやりながら理論をこの問題集で勉強していました。

改めて勉強会で使ってみると知識の再確認となりました。

勉強会は2時間の予定でしたが、あっという間に終わってしまった感じでした。

勉強会の終了後は、参加者全員で昼食へ。

三宮の高架下の「とんがらし」という韓国料理屋さんへいきました。

私はここのラーメン定食をいただきました。

鍋で出てきて萌えました♪ d(⌒o⌒)b♪

中はこんな感じです。

少し辛めで美味しかったです。

お店の方は明るくて親切で綺麗な方でした。

今後の勉強会も食事も楽しみです♪ d(⌒o⌒)b♪

あなたの暮らしを法務でサポート!
西宮市役所すぐ近く!
行政書士あおぞら法務事務所
特定行政書士 黒 田 信 夫
TEL:0798ー39ー8385
お問い合わせフォームはこちらです。

こんな人は入国できない・・・

入管(VISA) 行政書士

ミースケ:今回は入国できない外国人さんの話だね?

ウサ吉行政書士:そうです。

入管法5条には日本に上陸できない外国人さんについての規定が記載されています。

この規定は「上陸拒否事由」と呼ばれています。

そして、この上陸拒否事由に該当する人は日本に入国することができません。

ミースケ:そうなんだ。

で、どういう外国人さんが日本に入国することができないの?

ウサ吉行政書士:今からざーっと例示します。

けっこう数があります、そして、ここでは細かい説明はできませんので、こんなものがあるんだという程度でとりあえず、眺めていただければと思います(;^_^Aアセアセ・・・

①感染症の患者

②精神障害者

③貧困者、放浪者等

④刑法に処せられた者

⑤薬物犯

⑥国際競技会・会議の妨害

⑦麻薬等薬物の不法所持

⑧売春業務従業者

⑨人身取引等

⑩銃砲刀剣類・火薬類不法所持

⑪上陸拒否期間中の者

⑫刑の確定時本邦外にいる者

⑬重大な退去強制事由該当者

⑭暴力主義的破壊活動(国家秩序の破壊)

⑮暴力主義的破壊活動(公の秩序のかく乱)

⑯暴力主義的破壊活動の頒布

参照:多賀谷一照/髙宅茂 著 『入管法大全ー立法経緯・判例・実務運用ー第1部 逐条解説』(日本加除出版)p37~p59

ミースケ:たくさんあるね( ̄□ ̄;)!!

ウサ吉行政書士:でしょ。

これを無理に覚えるのはちょっと辛いでしょうから、とりあえず、こんなもんがあるんだという程度でいいと思います。

はい(;^_^Aアセアセ・・・

あなたの暮らしを法務でサポート!
西宮市役所すぐ近く!
行政書士あおぞら法務事務所
特定行政書士 黒 田 信 夫
TEL:0798ー39ー8385
お問い合わせフォームはこちらです。

入管手続・とりあえず3つの単語を覚ておきたい〜

入管(VISA) 行政書士

ウサ吉行政書士:入管での手続を理解するために、とりあえず覚えて欲しい3つの単語があります。

ミースケ:その3つの単語とは?

ウサ吉行政書士:「認定」「変更」「更新」の3つです。

ミースケ:この3つの単語の意味するところは?

ウサ吉行政書士:いずれも単語も入管で行う手続のことを示しています。

「認定」とは「在留資格認定証明書交付申請」のことです。

「変更」とは「在留資格変更許可申請」のことです。

「更新」とは「在留期間更新許可申請」のことです。

ミースケ:順番に説明してよ!

ウサ吉行政書士:まずは「認定」からお話します。

「在留資格認定証明書交付申請」は日本への入国を望む外国人さんのために行う手続のことです(短期滞在を除く)。

例えばどういう人のために行う手続かと言いますと・・・

①「ベトナム人ですが、ベトナムで生まれ育ち、今はベトナムで暮らしてはいますが、ベトナムの大学の卒業を機に日本の会社で働くことになったので、日本に入国したい」

②「ベトナム人ですが、ベトナムに転勤してきた日本人の男性と知り合い結婚しましたが、この度、夫が会社の都合で日本に帰ることになったので、夫と一緒に日本で暮らしたい」

と言ったような外国人さんのために行う手続のことです。

①の場合は「技術・人文知識・国際業務」の「在留資格認定証明書交付申請」を行うことになりますし、②の場合は「日本人の配偶者等」の「在留資格認定証明書交付申請」を行うことになります。

ミースケ:誤解を恐れず単純に表現すると外国にいる外国人さんが初めて日本に入国するときに行う手続だと思って良いかな?(;^_^A アセアセ・・・

ウサ吉行政書士:まあ、とりあえずはそのように覚えておいてください(;^_^A アセアセ・・・

「呼び寄せ」と表現される方もおられます。

続きまして「変更」です。

「在留資格変更許可申請」とは既に何らかの在留資格を持っている外国人さんが在留目的を変更して別の在留資格を取得しようとするときに行う手続のことです。

例えば「技術・人文知識・国際業務」の在留資格を持って日本の会社に勤務している外国人さんが、今回、日本人と結婚したので在留資格を「日本人の配偶者等」に変更したい場合に行う手続のことです。

ミースケ:これは分かりやすいね(;^_^A アセアセ・・・

ウサ吉行政書士:そして最後は「更新」です。

「在留資格」には一部の場合を除き「在留期間」というものが定められています。

もう、おわかりですね。

「在留期間更新許可申請」とは「在留期間」を更新するために行う手続のことです。

この手続を忘れてしまうとオーバーステイになってしまいます。

オーバーステイになったら、退去強制事由の「不法残留」に該当し、刑罰を受ける可能性があります。

そして、日本を出国させられ一定の期間は日本に入国できないという憂き目にあうことにもなります。

ミースケ:「期間」は大切だね(;^_^A アセアセ・・・

ウサ吉行政書士:だいたい日本で行われる入管での手続はこの3つのうちのどれかに該当すると思います。

もちろん、他にもいろんな手続はあるのですが、とりあえず、この「認定」「変更」「更新」の3つの単語を覚えておいていただき、目の前の外国人さんのために、どの手続を取れば良いのかを考えることが入管手続の事始だと言えると思います。

あなたの暮らしを法務でサポート!
西宮市役所すぐ近く!
行政書士あおぞら法務事務所
特定行政書士 黒 田 信 夫
TEL:0798ー39ー8385
お問い合わせフォームはこちらです。

在留資格ってなぁに?

入管(VISA) 行政書士

ミースケ:外国人さんは自由に日本で働くことはできるの?

ウサ吉行政書士:できません。

外国人さんが日本で過ごすためには「在留資格」というものが必要になります。

外国人さんはよく「在留資格」のことを「VISA」と表現します。

正式には「VISA」とは査証のことであり、在留資格のことではありません。

しかし、当事務所では外国人の方々や市民の皆様の便を考え、在留資格のことを「VISA」とか「ビザ」とかで表現することがありますので、ご留意くださいね。

ミースケ:在留資格について具体的に教えてよ。

ウサ吉行政書士: 在留資格とは、外国人さんが日本に在留する間、一定の活動を行うことができる「入管法上の法的資格」のことです。

外国人さんはこの法的資格に基づいて日本に在留し、日本で活動することができます。

例えば、日本で働きたいという外国人さんがいるとすると、その外国人さんは「就労資格」をゲットせねばいけません。

就労資格には「技術・人文知識・国際業務」「技能」「企業内転勤」「経営管理」などがあります。

また、外国人さんが日本人と結婚して日本で暮らすためにも「日本人の配偶者等」という在留資格が必要です。

これらの資格を持たずに日本に入国することも滞在することも許されておらず、もし、在留資格を取得せずに、入国なり滞在なりしてしますと、退去強制という手続で日本からの出国を強制される場合もあります。

ミースケ:一般的にいう「強制送還」ということだね(;^_^A アセアセ・・・

ウサ吉行政書士:そうです。

この退去強制という手続で日本から出てしまうと、一定の期間は日本に入国することができなくなってしまいますので・・・

正しい手続に則って、正しい在留を心がけましょう〜

あなたの暮らしを法務でサポート!
西宮市役所すぐ近く!
行政書士あおぞら法務事務所
特定行政書士 黒 田 信 夫
TEL:0798ー39ー8385
お問い合わせフォームはこちらです。

« 古い記事