実例でわかる 介護老人保険施設 利用の手引き

業務日誌

今回も本のご紹介です。

先日、兵庫県行政書士会の交通専門部会委員長の水野利文先生から一冊の本をいただきました。

水野先生のお兄様であられる水野耕作先生のご著書です。

水野耕作先生は整形外科医で神戸大学名誉教授であられます。

神戸労災病院院長も経験され、現在は介護保険老人施設プリエールの施設長をされています。

本書は水野耕作先生がとてもわかりやすく介護老人保険施設(老健)とは何か、介護老人福祉施設(特養)との違い、介護老人保険施設の利用の方法などを説明してくださっています。

また、本書の中では介護福祉士さんに対する思い、日頃のご活動の中で先生が感じられていること、介護保険老人保険施設と各種の制度との矛盾なども語られていて非常に勉強になります。

私も法律家の端くれとして、また、後見人を引き受けたこともあり、法律的なことはいろいろと勉強しているつもりですが・・・

実際のところ、介護の現場のことや複雑な介護制度の違いまではなかなか理解が及ばないのが現状です。

本書は介護老人保険施設との対比することで、制度の違いまでもわかりやすく説明してくださっています。

とてもわかりやすいので一気に読んでしまいました。

私は後見業務の他に、自賠責保険の請求手続も業務としているのですが、本書の「自動車損害賠償保険制度と介護老人保険施設」の項目で説明されている矛盾に悩んだりします。

自賠責保険で交通事故の被害者の方を支援する場合、「後遺障害があるか否か」は基本的には事故後6ヶ月の治療を経て、その後、被害者の方の身体に後遺症があるかないかを判断するのですが・・・

被害者の方が高齢で病院にてリハビリを行っている場合、病院側が介護老人保険施設に回してしまおうとする傾向にあるということに悩んでいます。

私としては、こういう場合は「せめて症状固定になるまでは、この病院でリハビリを続けさせてください」とお医者様にお願いしています。

症状固定までの治療は加害者の負担となるのが原則です。

もし、症状固定前での交通事故の治療の途中で介護老人保険施設に患者さんが回されるとなると・・・

治療費については介護老人保険施設の負担となる矛盾が起きてしまうからです。

本来なら加害者側が負担すべき治療費が・・・

このようなことは本来あるべき姿ではありません。

実は同じような問題は交通事故での治療を健康保険を使って受ける場合にも起こるのですが・・・

さておき、本書一冊で本当にいろんなことが理解できます。

水野耕作先生の介護に携わる方々に対する温かい思いも感じることができます。

介護に携わる方々の地位の向上が望めないか・・・

為政者の方々にも読んでいただきたいと思います。

そして、私のように法律家として、後見や交通事故業務に関わる方々にも読んで欲しい一冊です。

超オススメの一冊です。

ぜひお読みください。

あなたの暮らしを法務でサポート!
西宮市役所すぐ近く!
行政書士あおぞら法務事務所
特定行政書士 黒 田 信 夫
TEL:0798ー39ー8385
お問い合わせフォームはこちらです。

介護相談員の任務終了

業務日誌

去年の9月から1年間、西宮市の権利擁護支援者の活動のひとつとして介護相談員を行っておりました。

具体的には、月に2回、指定されたディサービスに赴き、利用者の方々のお話を聞き、その後で施設の方々とより良い施設のあり方を目指して話し合いをするという活動を行いました。

デイサービスの利用者の方々には、健常な方から認知症の方々もおられます。

最初のうちは認知症の方々とどう話をしていけば良いのか不安になったこともありましたが、次第に顔も覚えていただけて話がはずむようになりました。

活動を行う中で、認知症の方々に対する自分の考え方が大きく変わりました。

認知症があるからといってご本人の意思がない訳ではなく、自分の思いを一生懸命に伝えてくださる姿勢を見て、感動を覚えることも多々ありました。

認知症の方々から多くの学びを得ました。

また、施設の方々もどうすれば利用者の方々が快適に過ごせるかを一生懸命に考え、試行錯誤を繰り返しながら様々なことを実践しているということが良く分かりました。

私が担当した施設はとても良い施設で、1日に50名以上の方が利用される施設でした。

能力の低下のない方々でも50人集まれば意見の調整は大変だと思いますが、能力の低下している方々が多くなれば、その意見の調整も大変なことは容易に想像できます。

そうした中でも、外から介護相談員を入れ、施設をよりよくしていこうという努力は素晴らしいものだと思いました。

また、今回、一緒にタッグを組んで下さった方も人生の先輩といえる方でたくさんのことを教えて下さいました。

本当に学びの多い1年間でした。

活動の最後の日には、施設のご利用者さんにご挨拶する機会もいただき、お花までちょうだいしました。

静かに終わるつもりでしたが、なかなか感動的なラストを飾っていただきました。

「黒ちゃん、あんたロシア人か?」から始まり「男前やな、私と結婚しようか」で終わった介護相談員でしたが、なかなか良い経験をさせていただきました。

利用者の皆様、施設の方々、西宮市の法人指導課の方々、皆様に感謝したいと思います。

ありがとうございました!

あなたの暮らしを法務でサポート!
西宮市役所すぐ近く!
行政書士あおぞら法務事務所
特定行政書士 黒 田 信 夫
TEL:0798ー39ー8385
お問い合わせフォームはこちらです。

行政書士が交通事故業務をやるなら持っておきましょう。

業務日誌

ずっと出版を待ち望んでいた本の改訂版が出ました♪ d(⌒o⌒)b♪

交通事故関連のお仕事をやるのであれば持っておきたい本です。

『〔改訂版〕後遺障害等級認定と裁判実務 -訴訟上の争点と実務の視点』という本です。

新日本法規から出版されています。

ちょっと前まで、旧版はアマゾンでなんと2万円越えをしていました(;^_^A アセアセ・・・

それなら新版を買いましょう。

消費税込み7020円です。

本書は交通事故を手がける多くの弁護士の先生方もお読みです。

本書には、行政書士が弁護士の先生方と一緒に連携するために共有しておく知識が数多く記載されています。

ちなみに、新版が出る前の話しですが・・・

私はこの本を欲しくて、欲しくて仕方がなかったのですが、どうしてもゲットできず困っていたのですが・・・

行政書士あおぞら法務事務所を仲間の先生と開設したときに、久保秀策行政書士が事務所に持ってきてくれたので、借りて読んでました。

新版が出たときは喜び勇んで買いました♪ d(⌒o⌒)b♪

このような入手困難な経緯があったため、兵庫県行政書士会の交通専門部会では本書を「推薦図書」とすることが難しかったのですが・・・

これからは「推薦図書」として行政書士会の会員の皆様にもオススメすることができます。

新日本法規出版さん、改訂版を出して下さってありがとうございます。

行政書士の皆さん、本書を利用して、弁護士の先生方とタッグを組んで頑張って交通事故業務をしていきましょう。

私も兵庫県行政書士会・交通専門部会の研修委員の一人ですので、会員の皆様のバックアップができるように頑張っていきたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたの暮らしを法務でサポート!
西宮市役所すぐ近く!
行政書士あおぞら法務事務所
特定行政書士 黒 田 信 夫
TEL:0798ー39ー8385
お問い合わせフォームはこちらです。

勉強は続くのであります

業務日誌

日本加除出版という出版社があり、私はここの本が好きです。

今回も何冊か購入しました。

行政書士は業務範囲が広いので、やろうと思えば何でもできるのですが・・・

(但し、行政書士法で認められた業務範囲に限ります)

私の場合は何でもできるというものではありません(;^_^A アセアセ・・・

私の持ち味が生きる分野としては、入国管理局の申請取次(VISA)、交通事故の自賠責保険の請求手続(後遺障害等級認定手続)、遺言・相続等のサポート、任意後見契約書の作成等の後見制度利用のサポート、その他の民事法務分野になります。

少なくともこれらの分野は更なる高みを目指して勉強し続けようと思っております。

日々是勉強♪ d(⌒o⌒)b♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたの暮らしを法務でサポート!
西宮市役所すぐ近く!
行政書士あおぞら法務事務所
特定行政書士 黒 田 信 夫
TEL:0798ー39ー8385
お問い合わせフォームはこちらです。

同窓会

業務日誌

8月19日に西宮市私立瓦木中学校30回生の同窓会に参加しました。

27年ぶりの同窓会となりました。

阪神大震災もあり、みんな引っ越したりしてバラバラになったのか思いきや・・・

多くの同級生が集まりました。

いろいろ聞いてみると、みなさん意外と近所に住んでいたりと驚きました。

先生方も引退された先生がほとんどでしたが、若々しくお元気な先生が多く、感動しました。

昔からぜんぜん変わらない人もいたり、すごく変わった人もいたり、みんな様々な人生を過ごしてきたんだな〜というのが印象的でした。

一次会と二次会はノボテル甲子園で、三次会は我が同級生の経営するダイニングバーhiroで行なわれました。

とても楽しい時間を過ごしました。

ちと飲みすぎました。

しばらくお酒は抜きで頑張っていきたいと思います。

同級生のみなさま、楽しい時間をありがとうございましたm(_ _)m

幹事のみなさま、ご尽力をありがとうございましたm(_ _)m

あなたの暮らしを法務でサポート!
西宮市役所すぐ近く!
行政書士あおぞら法務事務所
特定行政書士 黒 田 信 夫
TEL:0798ー39ー8385
お問い合わせフォームはこちらです。

地域密着型サービス事業者等運営推進会議

業務日誌

先日初めて「地域密着型サービス事業者等運営推進会議」というものに参加してきました。

これは、西宮市の権利擁護支援者がお手伝いするひとつの活動として、地域密着型サービス事業者さんが主催する運営会議に参加するというものです。

具体的にどういうものかというと、西宮市に存在する小規模なデイサービスを運営している事業者さんのところへ権利擁護支援者が赴き、事業者さんの活動報告を聞き、西宮市に報告書をあげるというものです。

私も西宮市から自宅近くの事業者さんのところへ伺うように指定されましたので、先日、行ってまいりました。

市からの要請で事業者さんのところへ行くのですが、決して事業者さんを監視するために行くのではありません。

私のスタンスとしては、あくまでも、事業者さんが地域でどのような活動をされているかのお話をうかがい、何か事業者さんのためになりそうなことがあれば提案するという形で良いのかなと思っています。

また、自分の専門分野でご質問が出た場合は、それにお答えするという形を取れば良いのかなとも思っています。

もし、事業者さんの方から市に主張したいことがれば、それを言っていただいて、市にお伝えするのも役割かなとも考えています。

いろんな立場の人の話しあいでもって、サービス全体がより良くなるように、みんながハッピーになるように、そういう方向に進んでいけたらと思っています。

今回、訪問した事業者さんも地域に根ざし、一生懸命にコミュニティーを作っていこうという思いが伝わりました。

会議の参加者さんも、ケアマネさんや民生委員さんだけではなく、地域の方々、利用者の方、利用者のご家族と、皆さんが一緒に話し合いに参加するという姿勢に好感が持てました。

これから国の方針として地域で福祉を支えていくという方向にどんどん進んでいくと思います。

地域密着型の事業者さん、ケアマネさん、訪問看護、地域医療、民生委員さん、市、みんなで情報共有し、そこに地域の皆さんが参加することによって、「超高齢社会」や「無縁社会」と呼ばれる時代を乗り越えていければ良いなと考えています。

まだまだ模索は続きます。

一市民として、一行政書士として地元に貢献できるように頑張っていきたいと思います。

あなたの暮らしを法務でサポート!
西宮市役所すぐ近く!
行政書士あおぞら法務事務所
特定行政書士 黒 田 信 夫
TEL:0798ー39ー8385
お問い合わせフォームはこちらです。

平成29年度フォローアップ研修

業務日誌

平成29年7月15日、西宮市の権利擁護支援者養成研修の終了者に対するフォローアップ研修がありました。

私も西宮市民の一員として同研修を受け、人材バンクに登録し、後見支援員・介護相談員として活動をさせていただいております。

今回はその活動内容を人材バンクに登録のみなさまに発表する機会に恵まれました。

やはり人前でお話をするのは緊張しました(;^_^A アセアセ・・・

と言ってもインタビュー形式ですので、それに答える形でしたので、楽といえば楽でした(^_^)v

発表後はグループワークです。

グループに分かれた上で、既に人材バンクで活動をしている人がこれから活動しようとする人に対し自分の体験談を語り、質疑応答を交えて情報の共有を図りました。

人材バンクで活動をされている方は、やはり現役を引退されている方が多いのですが、今までの仕事以外に新しい視点ができることがとても楽しいという方が多く、目を輝かせてお話をされている方が多かったというのが印象的でした。

ちなみに、私と一緒に介護相談員をしてくださっている方は70歳だということなのですが、とても70歳には見えません。

心理カウンセラーの資格を持ち、介護施設でのお仕事等を経験されている方です。

この方と一緒にデイサービスのご利用者さんのお話を聞いて回るのですが、利用者さんのお話の中からも、この方からのお話の中からも学ぶことが多いです。

私もこの方も今年の9月でいったん介護相談員を辞しますが、この後は人材バンクに登録されている方がどんどん活躍してくださればと思います。

本当にこの介護相談員の経験は大きかったです。

もう少し続けようとも思ったのですが、私も食っていかねばならず(;^_^A アセアセ・・・

もう少し自分のお仕事をさせてください(;^_^A アセアセ・・・

後見支援員はまだ任期がありますので続けていきます。

それと、来月には地域密着型サービス施設の運営推進会議委員として運営推進会議に出席します。

自宅から近い施設に伺うので、どんな施設なのか訪問が楽しみでもあります。

ちなみに、西宮市では平成23年から毎年「権利擁護支援者養成研修」を行ってきた訳ですが、これが2年に1回となりそうだということ・・・

残念(>_<)

これから、人材がどんどん必要だというのに・・・

現に今、人材登録をされている方の平均年齢も考えると・・・

見通しは大変だぞ(>_<)

と言っても仕方ないので、私は自分のできることでお手伝いをしていきたいと思っています。

あなたの暮らしを法務でサポート!
西宮市役所すぐ近く!
行政書士あおぞら法務事務所
特定行政書士 黒 田 信 夫
TEL:0798ー39ー8385
お問い合わせフォームはこちらです。

セミナー開催報告!

業務日誌

平成29年7月13日、芦屋市民センターにて『これだけは知っておきたい!セミナー 第5回 遺言書と成年後見』と題しセミナーを行いました。

大戸道子行政書士とともにずっと続けてきたセミナーです。

今回で11回目になりました。

前半は私、黒田が『今だからエンディングを考える』というテーマで、法定後見制度、遺言、任意後見契約、見守り契約、生前の事務委任契約、死後事務委任契約、尊厳死宣言書などについてざっとお話しをしました。

その上で、大戸道子行政書士が作成したエンディングノートである『tabi支度ノート』をお配りし、その記載の方法などを簡単に説明しました。

後半は大戸道子行政書士が遺言と任意後見制度についてもう少し詳しくお話しをしてくれました。

セミナーの後は質問も受け付けました。

質問の中から今後の我々の課題として「家族信託」もテーマにセミナーも行わないといけないのかなと思うようになりました。

もともと「家族信託」については大戸行政書士と一緒に勉強もしていたのですが、税が絡む問題も多く行政書士が単体で業務を行うのは難しいのかなと考えているところでした。

協力していただける税理士さんがいらっしゃれば、私たち「行政書士あおぞら法務事務所」と共同で「家族信託」をテーマにセミナーをしても良いのかなと考えています。

しかし、家族信託を利用するにしても、任意後見制度を利用するにしても、結局は何が必要かというと、「信頼できる人」これに尽きます

我々がその「信頼できる人」になれるように日々精進できたらと思います。

写真は大戸道子行政書士の勇姿です。

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたの暮らしを法務でサポート!
西宮市役所すぐ近く!
行政書士あおぞら法務事務所
特定行政書士 黒 田 信 夫
TEL:0798ー39ー8385
お問い合わせフォームはこちらです。

一般向けの本も読もう!

業務日誌

私は特定行政書士です。

一応、専門家ですので日頃は「専門書」という難しい本を顔をしかめて読んでいるのであります(;^_^A アセアセ・・・

「専門書」を読んで理解が深まると、とても悦に入ります。

だって、今まで分からなかったことが分かるようになる訳ですから。

しかし、問題はですね・・・

自分が分かったことをいかに上手く人に伝えるかです。

これが難しい。

各士業の先生方も言われたことがあるのではないでしょうか?

「先生の言わはることは大事なんやろうけど、難しくてよう分からん」って・・・

私も言われることがあります(T ^ T)

人にうまくどう伝えるか、日々悩むところであります。

そんな私が参考にするのは、諸先輩方が書かれた一般向けの本です。

「プロが一般向けの本を読んでどうすんの?」という声も聞こえそうですが・・・

侮るなかれ!

これがけっこう効果的なのであります。

諸先輩方が一般の方に理解していただけるように血の滲むような努力をして書かれた本の表現はやはり参考になります。

過去を振り返ってみると、ついつい難しく考えすぎてお客様が不安がったり、めんどくさがったりすることを言ってしまっていたなと反省しきりのときもあります(;^_^A アセアセ・・・

あのときにもっと分かりやすい表現を使えば、お客様も不安にならなくて済んだのにと(;^_^A アセアセ・・・

まだまだ修行が足りません。

今回、少し古い本なのですが入管関係の本をゲットして読みました。

行政書士の佐藤正巳先生が書かれた『企業のための外国人雇用ガイド 在留資格取得のポイントと労務管理』(法研)

これがまた分かりやくて目から鱗が落ちました(;^_^A アセアセ・・・

私も将来はこういう本を書けるようになりたいなと願望を抱きながら、日々研鑽に励むのでした(;^_^A アセアセ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたの暮らしを法務でサポート!
西宮市役所すぐ近く!
行政書士あおぞら法務事務所
特定行政書士 黒 田 信 夫
TEL:0798ー39ー8385
お問い合わせフォームはこちらです。

『家族よ、ボケと闘うな!』

業務日誌

本日は読書感想文的なものを(;^_^A アセアセ・・・

表題の『家族よ、ボケと闘うな』という本を読みました。

著者は医師である長尾和宏さんと西条市の職員で福祉行政に関わっておられる近藤誠さんの著作です。

ちなみに、近藤誠さんと言ってもガンモドキ理論で有名な近藤誠さんではありません(;^_^A アセアセ・・・

本の内容としては、往復書簡という形で認知症をめぐる様々な問題について語られています。

私も最近は後見関係のお仕事も増えておりまして、周辺知識として認知症のことについて知っておかなければいけないと日頃から思っています。

さて、ここで少し私事を。

私は、両親を亡くしております。

両親とも最期はモルヒネの影響で判断能力が落ちましたが、認知症にはならずに亡くなりました。

私としては両親を亡くしたときに「あのとき、もっと何かができたのではないか?」という思いもあり、後見分野も手がけてみようと思っていたのですが・・・

やっぱり、そう甘いもんではないですね(;^_^A アセアセ・・・

当初は実際に認知症の方々と関わったことがなかったので、正直ビビってました。

最近では、西宮市権利擁護支援者の活動をとして経験、地元の民生委員さん、NPOの職員さん、ケアマネさん、先輩である大戸さんからいろいろと教えを受け以前よりは落ち着きをもって仕事ができるようになりました。

と言っても、まだまだ学ぶことは多くあります。

本書でもたくさん学ぶことがありました。

認知症のお薬について、認知症の患者さんの思い、認知症にかかわるお医者さんのスタンス、認知症の家族の方々を支える活動を行っている方々の活動、脳の構造などなど多くのことを学びました。

更に多くのことを学び、自らの業務に活かしていきたいと思っています。

私は日頃から自分の活動が、地域で住民同士が支えあうことに貢献できればと思っています。

私は西宮に骨を埋めるつもりですので、これからも行政書士として後見分野において西宮でがんばれることをがんばろうと思いました。

奥さんもOT(作業療法士)になったことだし、夫婦で学びあいながら地域に貢献できれば良いなと思っております。

まだまだ道は長そうですが、がんばっていこうと思っています!

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたの暮らしを法務でサポート!
西宮市役所すぐ近く!
行政書士あおぞら法務事務所
特定行政書士 黒 田 信 夫
TEL:0798ー39ー8385
お問い合わせフォームはこちらです。

« 古い記事